「キッズワイルド 2018」参加者募集

〜挑戦を通し自らの可能性を信じることのできる子どもの育成〜

【目  的】
豊岡市内の子どもたちを対象に、自然体験によって醸成される心身の鍛錬・躍動、磨かれる感性、地域への愛着、
共生の精神をより深め、地域の自然・文化・伝統を学ぶ、豊岡のフィールドでの野外体験プログラムを通じて、
ふるさと豊岡を愛し、夢の実現に向け挑戦する子どもたちを育成する。

【主  催】 実施主体:豊岡市  
       事業主体:公益財団法人日本アウトワード・バウンド協会 関西校
【対  象】 豊岡市内在住 小・中学生 100名
       ■土曜日開催:低学年・中学年コース/ 小学校1年生〜4年生  50名【定員になりました】

       ■日曜日開催:高学年・中学生コース/ 小学校5、6年生・中学生 
              低学年・中学年コース/ 小学校1年生〜4年生     合計 50名 【第2回目からの募集中】

※「2回目以降からの参加希望の方へ」
第1回の締め切り時点で、小学1年生~4年生の応募が多く、
市との協議により、日曜日コースを小学5・6年生・中学生の限定でなく、
小学・中学の全学年にて、定員50名にて募集することとなりました。
実際の活動については、「小学1年生~4年生」と、「小学5・6年生・中学生」を分けての活動となります。
応募をお待ちしています。
先着順になりますので、お早めにお申し込みください。

 なお、土曜日コースについては、すでに定員になりましたので、締め切らさせていただいています。

      ※本事業兵庫県豊岡市在住の方のみが対象です。それ以外の方は参加できません。

【受講料】  4,000円(2018年8月〜2019年2月 全6回実施分)
      ※周年型事業(全6回の参加を前提とした事業)のため欠席の回があっても返金はできません。
         また、第2回目以降の参加希望も受付ますが、受講料については同額となります。
【指  導】   公益財団法人日本アウトワード・バウンド協会 
         関西校ディレクター 田中 裕幸、他 協会スタッフ、関係団体スタッフ

【コース日程】(全6回)

チャレンジ名 土曜日コース 日曜日コース
第1回 沢登りチャレンジ 8月 4日(土) 8月 5日(日)
第2回 いかだチャレンジ  9月 8日(土) 9月 9日(日)
第3回 マウンテンバイク・チャレンジ 10月13日(土) 10月14日(日)
第4回 登山チャレンジ  11月17日(土) 11月18日(日)
第5回 雪上活動チャレンジ  12月15日(土) 12月16日(日)
第6回 雪上キャンプチャレンジ
2日間  
2019年 2月2日(土)
〜3日(日)
2019 年2月16日(土)
〜17日(日)

第1回「沢登りチャレンジ」の受付は終了しました。

お申込みフォームより申し込みください。 
申し込み後は以下の手順となります。
  1)ウェブ受付メール(自動返信)が当協会が送られます。
     (上記メールはあくまでもシステム上のメールで受付が正式に受理されたものではありません)
  2)受付が完了したら、正式受理メールが当協会・受付担当より送られます。(この時点で正式な受付となります)
  3)その後、事前調査票(体調やアレルギー情報を確認するための健康アンケート)を提出いただきます。
  4)各回の参加要項(集合解散場所・時間詳細、持ち物、服装等を記載)は実施1週間前に、
    登録いただいたメールアドレスに送付いたします。
    なお、活動のための専門装備はこちらから貸出します。
  5)参加費は初回参加時に、現金にてお支払いいただきます。
 

【参加後のキャンセルについて】
・周年型事業(全6回の参加を前提とした事業)のため、
   初回参加以降の事業に不参加の場合でも返金はいたしません。ご了承ください。

申し込みフォームへ

▶コース詳細情報

第1回 キッズワイルド【本気チャレンジ】沢登りチャレンジ【募集締め切りました】

【日   程】
・8月4日(土)(小学1年~4年生対象)*一部の方に、8月5日(日)にて参加いただいています。(事務局より連絡した方のみです)
・8月5日(日)(小学5年生~中学生対象)
【開催地】 植村直己冒険館、阿瀬渓谷
【スケジュール予定】
10:00    キッズワイルド 開校式 (植村直己冒険館)
     自己紹介、グループ分け、グループ活動への導入
12:00    移動 阿瀬渓谷   
     阿瀬渓谷で沢登りチャレンジ
15:00  沢登りチャレンジ終了 装備クリーンナップ
16:00  ふりかえり 
16:30    解散

 

第2回 キッズワイルド【自ら考え行動する】いかだチャレンジ

【日   程】
・9月8日(土)(小学1年~4年生対象)
・9月9日(日)(小学1年生~中学生対象)
【開催地】 玄武洞~円山川公苑
【スケジュール予定】
10:00  玄武洞集合
     グループ分け、いかだ製作会議・製作
12:00  いかだチャレンジ玄武洞~円山川公苑
15:00  ゴール予定 装備クリーンナップ
16:00  ふりかえり
16:30  解散

第3回 キッズワイルド【自分の限界に挑戦する】マウンテンバイク・チャレンジ

【日   程】
・10月13日(土)(小学1年~4年生対象)
・10月14日(日)(小学1年生~中学生対象)
【開催地】 OBS関西校をベースに神鍋高原

【スケジュール予定】
10:00  OBS関西校集合 マウンテンバイク基本講習
11:30  マウンテンバイク・チャレンジ  神鍋高原内ツーリング
15:00  ゴール予定 装備クリーンナップ
16:00  ふりかえり 
16:30  解散 

 

 

 

第4回 キッズワイルド【チームの一人としての責任】登山チャレンジ

【日   程】
・11月17日(土)(小学1年~4年生対象)
・11月18日(日)(小学1年生~中学生対象)
【開催地】 OBS関西校、蘇武岳  
【スケジュール予定】
10:00  OBS関西校集合 マップ(地図)&コンパス基本講習
11:00  登山チャレンジ  蘇武岳登山
15:00  ゴール予定 装備クリーンナップ
16:00  ふりかえり  
16:30  解散

第5回 キッズワイルド【自分のことは、自分で!!】 雪上活動チャレンジ

【日   程】
・12月15日(土)(小学1年~4年生対象)
・12月16日(日)(小学1年生~中学生対象)
【開催地】 OBS関西校・神鍋高原 

【スケジュール予定】
10:00  OBS関西校集合 かんじきづくり
11:30  雪上活動チャレンジ  神鍋高原内かんじきハイク
15:00  ゴール予定 装備クリーンナップ
16:00  ふりかえり
16:30  解散 

 

第6回 キッズワイルド
【自分たちで考え行動する。チームの一人としての責任】
雪上キャンプチャレンジ1泊2日

【日   程】
・2019年2月 2日 (土)〜 3日(日)(小学1年~4年生対象)
・2019年2月16日(土)〜17日(日)(小学1年生~中学生対象)
【開催地】 OBS関西校、周辺のフィールド     
1日目 10:00  OBS関西校集合 グループ分け、雪山遠征計画
            12:00 雪上キャンプチャレンジ
            15:00  テント設営、夕食づくり
    18:00  ふりかえり     20:00 就寝
2日目 08:00  起床、朝食、テント撤収
    09:00  下山
    12:00  OBS関西校到着 昼食、装備クリーンナップ
                                                 13:30  ふりかえり   14:00 解散

申し込みフォームへ

本事業主管/アウトワード・バウンド 関西校について
公益財団法人 日本アウトワード・バウンド協会 関西校
地図はコチラ
〒669-5373 兵庫県豊岡市日高町東河内607
電話番号 0796-21-9117

本事業主体/アウトワード・バウンドとは…
アウトワード・バウンドは、1941 年にイギリスで発祥した世界33 ヵ国にネットワークを持つ非営利の冒険教育機関です。
アウトワード・バウンドの教育プログラムは、イギリスの海運業に働く船乗りが第二次世界大戦中の北大西洋で生き残る力をつけるために始まりました。
現在は自然を舞台にしたチャレンジングな冒険活動に取り組み、自分自身が本来持っている可能性に気づき、また、自分の可能性を 高めることを目指しています。
困難に対してまっすぐに向き合い、乗り越えるまで努力を続け自らの力で成功体験を得ることが、
将来の人生に対する姿勢や人に対する思いやりの心を育て、社会のためになるという考えのもと世界各地に普及していきました。
詳細はコチラ

プログラムの安全性について…
野外での活動にはリスクが伴います。しかし、アウトワード・バウンドはそのリスクを認知し、最小化することで安全を確保しています。
具体的に以下のような取り組みを行っています。
①アウトワード・バウンドは、全世界で統一された基準に基づく監査(プログラム・レビュー)を 2 年に 1度実施しております。
アウトワード・バウンド・インターナショナ ル(OBI)が実施するこのプログラム・レビューでは海外から監査人が来訪し、コースの安全性はもちろん、組織全体の安全に対する意識や装備・車両の管理など、様々な視点から総合的に監査を行います。
②日本アウトワード・バウンド協会 には外部専門家で構成された安全委員会があります。
安全委員会のメンバーはより安全にコースを行うためのアドバイスや改善の提案を行います。
③アウトワード・バウンドのインストラクターは、活動を安全に実施するための厳しいトレーニングを受けたプロフェッショナルです。
全員が救急法の資格と技術を持ち、活動中の安全確保を行っています。
④自然環境下での活動を行う場合は、事前の健康情報、アレルギー等の調査を詳しく行います。
本人アンケートの実施、コース終了後にも必要に応じたフォローアップを含め、安全には細心の注意を払っています。

申し込む

▶問い合わせ