日本アウトワード・バウンド協会 スタッフ紹介

田中 裕幸(たなか ゆうこう)1957年4月生まれ

普及事業部統括部長

田中 裕幸
モットー 「本気、本音、本物」

本気になって挑み、本音で語り合い、妥協することなく本物を追求する人へ・・・

キャンプネーム

ユウコウ (子どもたちには BOSSと呼ばせています。)

経歴

成蹊大学経済学部経営学科卒業。ゼネコン勤務、国会議員秘書、コンサルタント勤務。
企業研修のプログラム開発の一環としてOBJ第1回のスタンダードコースに参加。その後、OBJスタッフとして7年間勤務、独立アウトドアエデュケーションセンター(OEC、現EEC)設立、民間公募に応じ国立淡路青少年交流の家所長として3年間勤務。2015年よりOBJ関西校設立準備室室長、2016年4月より事業部長(兼関西校デイレクター)。2018年理事就任、2019年組織変更に伴い普及事業部部長に就任。

2021年度抱負

2020年コロナ禍は、OBJにも厳しい運営を迫るものとなりました。2017-2021中期計画は、見直しを余儀なくされ新たに2021-2025中期計画を作成いたしました。しかし、2021年度もまた予測不可能な状況での運営となるかと思います。まさに、こう言った危機的状況をどう乗り越えるかOBJの真価が問われるものかと思います。普及事業部の統括責任者として全力で取り組みたいと思います。

 

志村 誠治(しむら せいじ)1967年7月生まれ

普及事業部プログラムディレクター

志村 誠治
モットー 「『自然』である自分を探して」

“自然”の中での体験には、正直に自分と向き合い、ありのままの自分を受け入れることができます。人は、「可能性に気づく」と言い、人は「本当の自分を見つけた。」と言います。私には、どれも『自然』な自分に気づくことです。そんな時間と場が、ここOBSにはあります。誰の指図なく、自分の意思で、言葉で次の一歩を踏み出すことができます。

キャンプネーム

しむけん

経歴

筑波大学体育専門学群卒業。労働省の外郭団体で企業の健康教育に携わり、1995年JALT修了。その後高校の体育教員となる。1999年OBSに就職し、その後プログラムディレクターとして、勤務。2009年より民間の野外教育団体(EEC)で勤務。そして2017年春から、OBSへ復帰、2019年から普及事業部プログラムディレクターとなる。

2021年度抱負

便利な世の中、一方で複雑な社会、先行き不透明な時代だからこそ、OBJの存在意義があると信じ、青少年の出航準備をサポートします。コロナ禍ですが、青少年の教育活動を止めることはできません。「今、できることは何か?」を探し求めていきたいと思います。

 


高橋旺子(たかはし あきこ)1994年4月生まれ

普及事業部アシスタントインストラクター

高橋旺子
モットー 踏み出せばその一足が道となる

一歩踏み出す勇気を持って、自分の道をつくっていきます!

キャンプネーム

あっこ

経歴

東京学芸大学教育学部中等教育教員養成課程保健体育専攻卒業。2017年よりJICA青年海外協力隊体育隊員としてセネガルで2年間活動。2019年よりNPO法人で1年半勤務。2021年4月OBJに就職。

2021年度抱負

なりたい自分に向かって、自分の人生を自分らしく切り拓いていける人を増やしたい、という思いを持ってOBJに就職しました。とことん自分と向き合い、どんなことにも前向きに挑戦していきます!

 


河井杏理(かわい あんり) 1999年2月生まれ

河井杏理
モットー 楽しみながら取り組む

 

キャンプネーム

あんり

経歴

2021年中央大学文学部卒業

2021年度抱負

今年からOBJの常勤スタッフとして勤務しています。新しい環境の中、経験することを大切にし、日々アンテナを張り巡らせて、様々な事を吸収していきたいです。

 

 

 
*尼崎市立美方高原自然の家「とちのき村」のスタッフ紹介はこちら