日本アウトワード・バウンド協会 スタッフ紹介

田中 裕幸(たなか ゆうこう)1957年4月生まれ

普及事業部マネジメントディレクター

田中 裕幸
モットー「本気、本音、本物」

本気になって挑み、本音で語り合い、妥協することなく本物を追求する人へ・・・

キャンプネーム

ユウコウ (子どもたちには BOSSと呼ばせています。)

経歴

成蹊大学経済学部経営学科卒業。ゼネコン勤務、国会議員秘書、コンサルタント勤務。
企業研修のプログラム開発の一環としてOBJ第1回のスタンダードコースに参加。その後、OBJスタッフとして7年間勤務、独立アウトドアエデュケーションセンター(OEC、現EEC)設立、民間公募に応じ国立淡路青少年交流の家所長として3年間勤務。2015年よりOBJ関西校設立準備室室長、2016年4月より事業部長(兼関西校デイレクター)。2018年理事就任、2019年組織変更に伴い普及事業部部長に就任。

本人から一言

2015年OBJに復帰して5年目を迎えました。 復帰に際し、アウトワード・バウンド教育の普及を使命と考え取り組んできました。 社会に向けての「出航準備」という教育を冒険教育を通して普及して行きたいと思います。2020年は、様々な教育現場での連携、実践を試みたいと思います。 

 

志村 誠治(しむら せいじ)1967年7月生まれ

普及事業部プログラムディレクター

志村 誠治
モットー「『自然』である自分を探して」

“自然”の中での体験には、正直に自分と向き合い、ありのままの自分を受け入れることができます。人は、「可能性に気づく」と言い、人は「本当の自分を見つけた。」と言います。私には、どれも『自然』な自分に気づくことです。そんな時間と場が、ここOBSにはあります。誰の指図なく、自分の意思で、言葉で次の一歩を踏み出すことができます。

キャンプネーム

しむけん

経歴

筑波大学体育専門学群卒業。労働省の外郭団体で企業の健康教育に携わり、1995年JALT修了。その後高校の体育教員となる。1999年OBSに就職し、その後プログラムディレクターとして、勤務。2009年より民間の野外教育団体(EEC)で勤務。そして2017年春から、OBSへ復帰、2019年から普及事業部プログラムディレクターとなる。

本人から一言 2020年抱負

激変する社会、その変化の中で求められることは何か?OBS誕生から変わらないアウトワード・バウンド教育は、色褪せることなく、今の社会に存在しています。今の時代の中で果たせる役割は何か、アウトワード・バウンドを追求していきます。

 
 

田之倉 広司(たのくら こうじ)1995年3月生まれ

普及事業部インストラクター

田之倉 広司
モットー「 ありのままの自分 リアルを求める 」

 

キャンプネーム

タノ

経歴

創価大学文学部人間学科卒業。2019年4月よりOBJ職員になり、内部研修としてJALTを修了。

本人から一言 2020年抱負

「誰かのために」「よりよい社会のために」 自分が働くことの目的を胸に、OBJの理念の普及に向けて、楽しんでチャレンジしていく1年にしていきます。

 

 
*尼崎市立美方高原自然の家「とちのき村」のスタッフ紹介はこちら