~冒険教育指導者育成プログラム~
ジャルト・Japan Adventure Leadership Training
様々な視点から知識・技術・経験を実践的に身につけていきます。
自分自身の可能性を広げる79日間

冒険教育のプロフェッショナルへ・・・

▶どんなプログラム?

冒険教育指導者育成プログラム「JALT」は、冒険教育プログラムの本質を体験し、プログラムを安全かつ効果的に提供できる冒険教育の指導者を目指します。具体的には・・・
 ①アウトワード・バウンドの冒険教育を体験し実感する。
 ②ハード系基礎技術習得(安全に効果的なプログラムを提供するための技術習得)
 ③ソフト系基礎技術習得(体験での気づきを成長につなげるための技術習得。
  冒険教育における効果的なアクティビティ・プログラムデザインについて学ぶ)
 ④指導者としての自己のあり方を明確にする。
様々な視点から知識・技術・経験を実践的に身につけていきます。
日本で唯一無二の、長期にわたる合宿型冒険教育指導者育成プログラムです。

▶こんな方におすすめです。
・冒険教育・野外教育の指導者になりたい方
・これから「人を育てる」こと、をライフワークにしたいと考えている方
・現在、教育の現場にいる方で、より人間力を向上させるようなプログラムを求めている方
・教員志望の方で、教師になる前に本格的な野外体験学習を学びたい方
・現在、アウトドア活動を提供する職業の方で、今後、レクレーションでなくエデュケーションを提供したい方
・自ら自然学校を立ち上げたい方
・自分の新しい可能性を探したい方、アウトワード・バウンドの冒険教育をしっかりと体験したい方
・アウトワード・バウンドの指導系のスタッフになりたい方

▶コース基本情報

【日程】 2019年5月7日(火)~7月24日(水) 申し込みフォームへ

【開催地】 OBJ長野校(長野県小谷村)およびOBJ関西校(兵庫県豊岡市)をベースに全国各地の山岳・沢、岩場、湖沼、河川等

【プログラムの概要(予定)】
・冒険教育プログラム(アウトワード・バウンドコース)の体験
・アウトワード・バウンド教育&野外・冒険・体験教育概論
・ソフトスキル(コミュニケーションスキル)
・野外救急法(世界基準の救急資格認定/Wilderness Advanced First Aid)
・リスクマネジメント概論
・野外活動基礎技術
・ロッククライミング基礎技術
・沢登り基礎技術
・カヤック(流水を含む)&いかだ基礎技術
・登山基礎技術(無雪期の安全確保)
・マウンテンバイク基礎技術
・ソフトスキル(アクティビティデザインとファシリテーションを学ぶ)
・総合エクスペディション(状況判断の視点、野外におけるリーダーの視点を学ぶ場)
・指導実習(小学生の参加者を公募してプログラムを実際に提供します)
・総合評価(指導実習の評価、JALT全体の自己評価)
*以上の内容を複数のセクションに分けて実施します。
*各セクションの合間には、プログラムを行わない「休養日」が約11日程度あります。

【対象】  18歳以上の健康な方

【定員】  16名 

【参加費】  900,000円(消費税込)

【上記参加費に含まれるもの】
指導料、期間中の宿泊関連費、食材費(休養日の昼食を除く)、施設使用料、国内旅行保険料、コース中の移動交通費等が含まれています。分割(ローン)でのお支払いが可能です。

【申込締切】
コース開始日の14日間前、それ以降のお申込み希望は、メールにてお問い合わせください。

【参加希望の方への事前確認】
参加をご希望される方には、長期のプログラムとなりますので事前に健康状況等を確認させていただきたいと思います。つきましては、参加希望のご連絡をいただいた方に対し当協会より連絡を差し上げ、直接面談もしくはネット上での面談の機会を持たせていただきたいと思います。

【参加に関するご相談について】
当協会スタッフが直接お会いして、ご相談を伺うことができます。ご希望の方は、問い合わせフォームにてご連絡ください。

▶申し込む

▶問い合わせ

▶申し込みの流れ

▶よくある質問

▶指導者育成ページに戻る