「キッズワイルド おたり2020」参加者募集

〜「自然の中での遊びやチャレンジから、自然が育む教育力」の発信を小谷村から

【目 的】
 ① 自分を認め、自分を誇れること、自分の意思を持てる「自分づくり」
 ② 一人一人が考えを持ち、同調ではなく協調による「仲間づくり」
 ③ 体験を通し自らの可能性に気づき、夢の持てる「未来づくり」
 これらを目指して子供たちの育成を図ります。

【対 象】 
 小谷村内在住 小学生 及び、小谷村への「ふるさと応援寄付者」のお子様(小学生)

【定 員】 
 20名 ※定員に達しました
 *活動内容により学年別のグループ分け、縦割りでのグループ分けなどで活動を行います。

【コース開催】
 全8回 2020年7月〜2021年2月 
 *公益財団法人日本アウトワード・バウンド協会 長野校(小谷村大網地区)を中心に開催します。
 *役場駐車場に【9時集合16時解散】を基本とします(回により時間・集合場所が変更される場合があります)。

【参加費】 
 5,000円(全8回分)
 *周年型事業(全8回の参加を前提とした事業)のため、欠席、途中参加の場合も受講料は同額となります。       

※本事業についてご不明な点は、小谷村役場 総務課企画財政係(0261-82-2038)までお問い合わせください。

【コース日程】(2020年7月~2021年2月 全8回)

活動名 開催日
第1回 開校式・基地づくり 7月19日(日)
第2回 沢登りチャレンジ 8月8日(土)
第3回 いかだチャレンジ 8月22日(土)~23日(日)
第4回 登山チャレンジ 10月24日(土)~25日(日)
第5回 ロッククライミングチャレンジ 11月15日(日)
第6回 クラフト&クリスマスパーティー 12月12日(土)~13日(日)
第7回 雪の森探検 2021年1月17日(日)
第8回 雪の基地づくりチャレンジ 2021年2月6日(土)~7日(日)
お申込みフォームより申し込みください。
 
【申込み締切】
  2020年7月5日(日)
 第1回活動へのご参加につきましては上記で一旦受付を締め切り、第2回目以降は定員に空きがあれば随時受け付けます。

【お申込み後の流れ】
 1. 協会よりウェブ受付メールが自動送信されます。(あくまでもシステム上のメールで正式に受理されたものではありません)
 2. ご登録内容確認後、協会受付より正式受付メールをお送りします。
 3. 事前調査(体調やアレルギー情報を確認するための健康アンケート)をご提出いただきます。
 4. 各回の参加要項(集合解散場所・時間詳細、持ち物、服装等を記載)を登録いただいたメールアドレスに送付します。

【参加費のお支払いについて】
 初回ご参加前に一括でのお支払いになります。
 ・小谷村在住の方/申込受付後、小谷村よりご自宅に「納付書」が送られます。指定金融機関より納付ください。
 ・ふるさと納税サイトからからお申込みの方/納付は不要です。

【参加後のキャンセルについて】
 周年型事業(全8回の参加を前提とした事業)のため、初回参加以降不参加の場合でも返金はいたしません。

申し込みフォームへ

▶コース詳細情報

第1回 「開校式・基地づくり」 

【日   程】 7月19日(日) 


【概 要】
昔なら誰もが一度は経験した基地づくり。
学年の違う子ども同士、どう取り組むでしょうか?

第2回 「沢登りチャレンジ」

【日   程】 8月8日(土) 

 
【概 要】
沢の流れに逆らいながら進みます。
一人で、仲間と立ち向かう急流や滝、わくわくドキドキがいっぱいです。

第3回 「いかだチャレンジ(1泊2日)」 

【日   程】 8月22日(土)~23日(日)


【概 要】
湖の上、自分たちで考えたいかだにテントを張り、一晩を過ごします。

第4回 「登山チャレンジ(1泊2日)」 

【日   程】 10月24日(土)~25日(日)


【概 要】
荷物を担ぎ、テント泊をしながら山頂を目指します。
やっとの思いでたどり着く山頂は苦労を吹き飛ばしてくれます。

第5回 「ロッククライミングチャレンジ」  

【日   程】11月15日(日)


【概 要】
東京オリンピックからクライミングも種目になります。小谷からクライマーが生まれるかも・・
「無理!」と思っていたことができる感覚、感じてもらいたい体感です。

第6回 「クラフト&クリスマスパーティー(1泊2日)」  

【日   程】 12月12日(土)~13日(日)


【概 要】
自分でリースやかんじきを作ってみる。
作ったかんじきで雪の上を歩く。
古い木造校舎でみんなで一晩過ごします。

第7回 「雪の森探検」 

【日   程】 2021年1月17日(日)


【概 要】
かんじきを履き、ソリに食料や温かい飲み物を積み込み
雪の森に出かけます。動物の足跡を追いかけるもよし
雪の森だからこその自由を満喫!

第8回 「冬の基地づくりチャレンジ(1泊2日)」 

【日   程】 2020年2月6日(土)7日(日)


【概 要】
エスキモーのようなイグルーかかまくらか・・
一晩過ごすための快適な雪空間づくりに
みんなで挑戦します。

 

▶リーフレットのダウンロードはこちらから↓
キッズワイルドおたり2020リーフレット

申し込みフォームへ

本事業主管/アウトワード・バウンド 長野校について
公益財団法人 日本アウトワード・バウンド協会 長野校(略称/OBS)
地図はコチラ
〒399-9601 長野県北安曇郡小谷村北小谷10650
TEL: 025-557-2211  FAX: 025-557-2277

本事業主体/アウトワード・バウンドとは…
アウトワード・バウンドは、1941 年にイギリスで発祥した世界33 ヵ国にネットワークを持つ非営利の冒険教育機関です。
アウトワード・バウンドの教育プログラムは、イギリスの海運業に働く船乗りが第二次世界大戦中の北大西洋で生き残る力をつけるために始まりました。現在は自然を舞台にしたチャレンジングな冒険活動に取り組み、自分自身が本来持っている可能性に気づき、また、自分の可能性を 高めることを目指しています。
困難に対してまっすぐに向き合い、乗り越えるまで努力を続け自らの力で成功体験を得ることが、
将来の人生に対する姿勢や人に対する思いやりの心を育て、社会のためになるという考えのもと世界各地に普及していきました。そして、1989年(平成元年)日本で初めての常設校が、長野県小谷村大網地区に誕生しました。
詳細はコチラ

プログラムの安全性について…
野外での活動にはリスクが伴います。しかし、アウトワード・バウンドはそのリスクを認知し、最小化することで安全を確保しています。
具体的に以下のような取り組みを行っています。

  1. アウトワード・バウンドは、全世界で統一された基準に基づく監査(プログラム・レビュー)を 2 年に 1度実施しております。アウトワード・バウンド・インターナショナ ル(OBI)が実施するこのプログラム・レビューでは海外から監査人が来訪し、コースの安全性はもちろん、組織全体の安全に対する意識や装備・車両の管理など、様々な視点から総合的に監査を行います。
  2. 日本アウトワード・バウンド協会 には外部専門家で構成された安全委員会があります。安全委員会のメンバーはより安全にコースを行うためのアドバイスや改善の提案を行います。
  3. アウトワード・バウンドのインストラクターは、活動を安全に実施するための厳しいトレーニングを受けたプロフェッショナルです。全員が救急法の資格と技術を持ち、活動中の安全確保を行っています。
  4. 自然環境下での活動を行う場合は、事前の健康情報、アレルギー等の調査を詳しく行います。本人アンケートの実施、コース終了後にも必要に応じたフォローアップを含め、安全には細心の注意を払っています。

申し込む

▶問い合わせ

日本アウトワード・バウンド協会 
長野校